新築よりも総額を抑える|無料で不動産投資セミナーを見学しよう|今を生きる人へ

無料で不動産投資セミナーを見学しよう|今を生きる人へ

集合住宅

新築よりも総額を抑える

住宅

中古に価値を付加する

不動産を購入して貸し出す場合、利回りを計算する必要があります。購入金額、すなわち支払い金額に対してどれくらいの収入があるかを計算します。ギブコムは主に中古物件への投資を案内してくれますから、購入金額を抑えることができます。家賃は立地によって変わることになります。ギブコムでは、この時に中古物件のリノベーションやリフォームを提案してくれます。支払額は増えますが、価値をあげることができます。すると、それまでよりも高い賃料を受けることができます。利回りをアップさせることができます。リフォームなどをすれば必ず利回りが良くなるわけではありませんが、物件の立地などを見極めて、判断をすれば成功する可能性があります。

景気による価値の変化

不動産は景気などによって相場が変動します。景気は上がったり下がったりしますから、将来必ず上がり続ける、下がり続けることはありません。そのために、投資をするときには、それなりに下落を想定しておく必要があります。ギブコムは、投資先の提案において、一定地域に集中して行ってくれます。関東地方の中でも人口が多く、新築物件が建てにくいところです。ギブコムの提案通りに行っていると、下落のリスクを軽減することができます。景気によって変化するといえば金利があります。借入をすると金利が上昇して、返済額が多くなる場合があります。この時は、繰り上げ返済をするよう勧めてくれます。元本が早く減れば、その分支払総額を減らせます。